« 阿波踊り | トップページ | クロワッサンに掲載して頂きました »

金メダル

Namahamもうこのニュースは何度も目にしたと思いますが、女子ソフトボールの優勝シーンshine何度見ても泣けますーweep

上野投手の言っていた言葉で、忘れないように覚えておきたいと思った言葉があります。

「16年間世界一のピッチャーになりたくてがんばってきました。」

確か上野投手は24歳。8歳の頃から同じ気持ちでモチベーションを保ってきたのは、本当にすごいと思いますshine

アテネで金メダルが取れなかったときは、少しモチベーションが下がりそうになったこともあったらしいのですが、その時もいろんな方から励ましの言葉をもらって、何とか北京までがんばってきたのだそう。。。

「がんばる」 そう一言で言うのは簡単ですが、16年間同じ気持ちでがんばり続ける努力は相当なものだと思います。

世界一のピッチャーになりたいと思ったのが8歳という上野投手。子供だからこそ持てる夢だったのでしょうが、その夢を夢だと思わないで目標にし、そしてその夢を掴んだ彼女から、目標に向かって努力し続けるモチベーションと忍耐力を学んだ今回のオリンピックでしたcrown

|

« 阿波踊り | トップページ | クロワッサンに掲載して頂きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事