« 選択ミス | トップページ | パワースポット »

読書の秋

Makisusi季節にちなんでとはいえ、ベタなタイトルです… 読書といっても最近読んでいるのは、もっぱら栄養学の本 なかでも食育関連の本が多いです。

それにしても最近の食育ブームはすごいです。目を見張るものがあります

それだけ食に対する意識が高まっていると思えばとても嬉しいのですが、反対に、当たり前のことも文章に起こして伝えなければいけないほど、時代は食から離れてしまっていたのか、とも思います…

たび重なる食品会社の不祥事や、メタボ検診の開始など、食べるということを意識せざるを得なくなってから、やっと食への関心が高まってきたように思います

私たちは食べるから生きていけるんです。今日食べたご飯が血や肉になり、体をつくっているんです

そう思えば、食べものってすごーく大事だと思えると思うんですけどねー…

食べるということの素晴らしさに気がついて欲しいと思います

ご飯を食べると元気になれます

それが気の合う友達やリラックスする家族と囲む食卓だと、おなかが満たされるだけじゃなくて気持ちも満たされます

食は、季節の移り変わりを教えてくれます

感情も豊かにしてくれます

一緒に食卓を囲む人への気配りや思いやりも養ってくれます

大事な人との距離もぐっと近づけてくれます

すごいんですよー。食って

|

« 選択ミス | トップページ | パワースポット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事